<ステップ5> フローティングライセンスサーバーに接続

Update: 2020.07.09


この手順はMagics 24.1以上向けです。3-matic 15.0以下及びMagics 24.01以下の手順はこちらをご参照ください。


クライアントPC のMagics に、ライセンス情報を参照するフローティングライセンスサーバーの情報を登録するか、もしくは登録済みの情報を変更します。

本手順は、新規インストール及びプラットフォーム変更時は必須ですが、バージョンアップ時は特に必要ありません。


手順

  1. クライアントPC でライセンスマネージャーを表示します。
    • 新規インストール、あるいはライセンスが無効の場合
      Magics のアイコンをダブルクリック。

    • ライセンスが有効化されている場合
      Magicsを起動し、リボンから オプション&ヘルプ > ライセンス管理 を選択。

  2. フローティング ライセンス サーバーへ接続をクリック。
  3. 接続したいフローティングライセンスサーバーの情報を登録、あるいは編集します。
    IP アドレス ...... フローティングライセンスサーバーをインストールしたPCのIPアドレス、あるいはデバイス名を入力。もしもフローティングライセンスサーバーとクライアントPCが同一の場合はlocalhostと入力しても可。
    IP ポート ...... 7000を入力。ただし<ステップ1>あるいは<ステップ2>で、IPポート番号をデフォルト値から変更している場合は、その変更した値を入力。
    ステータス ...... IPアドレスとIPポート番号を入力してしばらく待つと、丸の色が変わります。緑色以外の場合はこちらを参照してください。

    • 新規インストールの場合
      接続したいフローティングライセンスサーバーの情報を登録します。

    • プラットフォーム変更の場合
      ステータスの右に表示される ×をクリックして古いフローティングライセンスサーバーの情報を削除し、新しいフローティングライセンスサーバーの情報を入力。
      古いフローティングライセンスサーバーの情報が残ったままだと、今後の動作不良の原因になります。

    • それ以外の場合
      登録されているフローティングライセンスサーバーの情報が正しいか、ご確認ください。

  4. もしも複数のフローティングライセンスサーバーでライセンスを分散管理していて、それらをひとつのクライアントPCで使えるようにしたい場合は、入力欄の追加をクリックして、フローティングライセンスサーバーの情報を追加してください。
  5. 次へをクリック。

  6. フローティング ライセンス サーバーに正常に接続されましたと表示されます。
    もしも何らかのエラーが表示される場合は、表示されている内容をご確認いただき、解決方法が記述されている場合はお試しください。それでも解決しない場合はライセンス FAQをご参照いただくか、あるいは技術サポート窓口までお問い合わせください。
  7. 終了をクリック。

  8. 完了をクリックすると、そのクライアントPC でMagics が起動します。
  9. もしも同じPC内に旧バージョンのMagics がインストールされている場合は、初回起動時のみ、このタイミングで一つ前のバージョンの設定を引き継ぐことができます。詳細はこちらをご参照ください。


Was this article helpful?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。