Magics 3D Print Suiteの各種設定の保存と復元

Update: 2020.07.05

Magics 3D Print Suiteの様々な設定は、ファイルとして簡単に保存・復元することができます。


下記のような場面でもご利用いただけます。

  • プラットフォーム変更時の、設定の移行
  • 複数ライセンスのMagicsを同じ設定にしたいとき
  • 普段Magicsをお使いのPCが起動しなくなり、非常用ライセンスで一時的に使用するMagicsを同じ設定にしたいとき


Magics

プロファイル出力

Magicsの設定をプロファイル(*.mpf)に保存します。

  1. Magicsのリボンから オプション&ヘルプ > プロファイル出力 を選択。
  2. プロファイルに名前を付けて保存。

出力したプロファイルは、なくさないよう大切に保管してください。


プロファイルには下記の設定が含まれますが、BPの設定は含まれません (別途保存が必要)。

  • MagicsのUI設定
  • Magicsの動作設定
  • マイマシン (My Machineフォルダ)
  • モジュール
    • RapidFit
    • Structures
    • Sinter
    • Simulation (結果以外、こちらも参照ください)
    • SG/SG+ (設定はマイマシンに保存される)
    • Slice (設定はマイマシンに保存される)
  • e-Stageパラメータ
  • 寸法公差プロファイル
  • レポート生成のテンプレート
  • 修正ウィザードのプロファイル

 

プロファイル入力

指定したプロファイルの中から必要な項目を選択して設定を復元します。

  1. Magics のリボンから オプション&ヘルプ > プロファイル入力 を選択。
  2. プロファイル(*.mpf)を指定する。
  3. インポートしたい項目のインポートするのチェックをONにする。
  4. はいを選択。

「出力先と同じパスに保存」のチェックがONだと、元と同じ場所に復元します。


注意

共有サーバーにマイマシンを置いて運用しているMagicsから出力したプロファイルを復元する際、「出力元と同じパスに保存」オプションを選択すると、共有サーバー上に設定を復元しようとします。同じ共有サーバーあるいは同じネットワークパスを持つ共有サーバーが存在する場合は問題にはなりませんが、共有サーバーの名前やネットワークパスが変わった、あるいは存在しない場合には復元できません。該当フォルダそのものをコピーして保存するなど、別途バックアップをしてください。




Concept Laser Slicer モジュール

Concept Laser Slicerをお使いの場合は、装置メーカー様から提供される専用パラメータファイルの保存と復元も追加で必要になります。お手数おかけしたしますが、Concept Laser Slicerについての詳細はGE Additive Japan社にお問い合わせください。


Simulationプラグイン

上記のプロファイル入出力で設定は保存・復元できますが、シミュレーションした結果は含まれません。

もしもプラットフォーム変更後に、旧PCでシミュレーションした結果を新PCでも表示したい場合は、旧PCの下記2つのフォルダを丸ごとコピーして保存し、新PCにコピーしてください。

(シミュレーション時に指定している)シミュレーション結果を保存したフォルダ

C:\ProgramData\Materialise\SimulationPlugin\SimulationJobs 以下の全てのファイルとフォルダ


Build Processor

プロファイル入出力にはBPの設定は含まれません。こちらをご参照いただき、プロファイル入出力と併せてご利用ください。




注意

現在のWindows のログイン・ユーザーに対するファイルやフォルダへのアクセス権の付与状況によっては、プロファイルを正常に入出力できない場合があります。詳細はこちらをご参照ください。

重要

不測の事態に備え、各種設定ファイルの保存とバックアップは定期的に行うようにしてください。不測の事態が発生した場合、Magicsなどのソフトウェアはプラットフォーム変更すれば起動するようになりますが、設定ファイルだけはバックアップがないと、どうすることもできません。


Was this article helpful?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。