❓ ライセンス一覧で、ライセンス有効期間終了日が1970年と表示されている

Update: 2020.07.07

現象

ライセンスを問わず、ライセンス一覧でライセンス有効期間終了日が1970年代で表示される。


原因と解決方法

1から順にご確認・解消してください。仮に1を飛ばして2を実行したとしても根本的には解決しない部類の現象なので、十分ご注意下さい。


原因(1)

PCのマザーボード内蔵電池が電池切れの可能性があります。

多くのマザーボードにはコイン型のリチウムイオン電池が内蔵されており、BIOSの時計を管理しています。Windowsはこの時計を元に補正した時間を表示します。

PCを長い年数使用するとボタン電池は電池切れになり、PCの電源を切る度に時計がリセットされます。こうなるとライセンスサーバーはライセンスを正しく管理できなくなり、結果としてライセンス有効期限の表示がおかしくなることがあります。


原因(1)の解決方法

マザーボードの内蔵電池を交換してください。電池の型番や交換可能か否か等は、PCの説明書をお読みいただくか、あるいは製造元にお問い合わせ下さい (弊社からはお答え致しかねます)。


重要

この現象が発生した際にマザーボード内蔵電池を交換すると、日付が約50年改変されることになりますが、弊社ソフトウェアはライセンスを日付で管理しているため、ソフトウェア不正使用防止の観点からライセンスをロックします。解除にはお手続きが必要となります。



原因(2)

バージョン7以下のライセンスサーバーをお使いの場合、希に報告があります。

例えばMagicsだと22.03以下、3-maticだと14.0以下の場合に可能性があります。


原因(2)の解決方法

ライセンスを問わず、ライセンスサーバーのバージョンを7に更新してください。

その後、必ず新しいシステムID / Computer IDにお使いいただいているCCKを紐付けてライセンスを有効化してください。お手数おかけいたしますが、以降は新しいライセンスサーバーでライセンスを有効化するようにしてください。

詳細な手順については現在準備中です。恐れ入りますがお問い合わせ下さい。


重要

ライセンスを有効化するタイミングによってはプラットフォーム変更が必要なケースもあるかもしれません。あらかじめご了承下さい。


Was this article helpful?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。