STLを一切修正しないでMagicsで開く

インストールしたままのデフォルト設定のMagicsでSTLを開くと、軽微なエラーを自動修正する機能が働き、結果としてある程度修正された状態でSTLが開かれ、表示されます。

保存されているSTLをそのままの状態で確認したい場合は、下記の設定変更をしてください。

  1. Magicsのリボンから オプション&ヘルプ > 動作設定 をクリック。

  2. 左のメニューから 全般 > 単位 をクリック。自動切替 条件の2つのチェックボックスをOFFにする。

  3. 左のメニューから ファイル入力/出力 > 入力 > STL をクリック。同一三角の自動処理を、2項目共に削除しないに変更。

  4. 左のメニューから 分析 > エラー検証 をクリック。中空化のシェルを意図的にエラーとして認識させない、のチェックボックスをOFFにする。
  5. OKをクリックして設定画面を閉じる。


上記4件の設定変更後も修正されたSTLが開く場合は、下記についてもご確認ください。

  1. Magicsのリボンから オプション&ヘルプ > 動作設定 をクリック。

  2. 左のメニューから ファイル入力/出力 > 入力 > 入力 をクリック。
    パーツの向きパーツの配置を、双方共に変更無しに変更。更に、自動修正するのチェックボックスをOFFにする。

  3. OKをクリックして設定画面を閉じる。



Was this article helpful?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。