BPの設定の保存と復元

Update: 2020.07.05

BPの設定はMagicsのプロファイルには含まれませんので、本手順にて別途保存が必要です。


主に下記のような場合にお使いいただけます。

  • プラットフォーム変更時の、設定の移行。
  • 不足の事態が発生して普段お使いのPCが起動しなくなった場合の、非常用ライセンスに環境を再構築・復元。
  • 単純なバックアップだけでなく、自社の別拠点や協力関係にある外部の会社で稼働している同機種の3Dプリンタで、同じ造形条件で3Dプリントをしたいときに、大量の設定を素早く共有する。
  • 技術サポート窓口で動作検証が必要な場合に、設定を共有いただく。


ご注意いただきたいこと

  • 本手順は、Build Processor System 3.1.4以上がインストールされていることを前提としております。
  • バージョン3.0.2以下のBuild Processor Systemの場合は、お手数おかけいたしますが技術サポート窓口までお問い合わせください。


BPの設定の種類

BPの設定は、対象の3Dプリンタにもよりますが3種類あります。

  • BPプロファイル
    Profile EditorあるいはEdit profile内の設定を、ひとつのファイル(*.bpprof)にまとめたものです。本ページで説明します。
  • BPのマシンファイル
    Magicsのマシンファイルに相当し、SG/SG+のサポートの設定やe-Stage for Metalと連携させるための設定等が保存されます。Magicsで作成できるマシンファイルとは保存される場所が異なります。本ページで説明します。
  • 3Dプリンタ固有の設定ファイル
    BPによっては、装置メーカー様から提供される3Dプリンタ固有の設定ファイルを必要とする物と、そうでないものがあります。本ページでは説明しません。


BPプロファイル

手順

  1. BPマネージャで対象の3Dプリンタを選択
  2. Configureをクリック。
  3. タブをProfile Editorに切り替えるか、あるいはEdit Profileボタンをクリック。(BPによって異なる)
  4. Export ...... BPプロファイル(*.bpprof)を保存。保存の際、どの設定を含める/含めないか等のオプションを選択することもできます。
    Import ...... 指定したBPプロファイル(*.bpprof)を読み込む。オプションを指定することもできます。


BPのマシンファイル

手順

  1. BPマネージャで対象3Dプリンタを選択
  2. Propertiesをクリック。
    Export MMCF ...... BPのマシンファイルを保存。
    Import MMCF ...... BPのマシンファイルを読み込む。
    復元する際、マシンファイル(*.mmcf)はローカルHDD/SSDにコピーしてください。


重要

保存したBPプロファイル(*.bpprof)やBPのマシンファイル(*.mmcf)は、安全な場所にバックアップしてください。


Was this article helpful?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。