<ステップ5> フローティングライセンスサーバーに接続【Magics 24.1以外】

Update: 2020.07.09


この手順は3-matic 15.0以下及びMagics 24.01以下向けです。Magics 24.1以上の手順はこちらをご参照ください。


クライアントPC のMagics に、ライセンス情報を参照するフローティングライセンスサーバーの情報を登録するか、もしくは登録済みの情報を変更します。

本手順は、新規インストール及びプラットフォーム変更時は必須ですが、バージョンアップ時は特に必要ありません。


手順

  1. ライセンスの登録ウィザードを表示します。
    • 新規インストール、あるいはライセンスが無効の場合
      Magicsあるいは3-maticのアイコンをダブルクリック。

    • ライセンスが有効化されている場合
      Magics ... Magicsを起動し、リボンから オプション&ヘルプ > ライセンス管理 をクリック。
      3-matic ... 3-maticを起動し、メニューから オプション > ライセンス管理 をクリック。

  2. フローティングライセンス 正規版を選択して次へをクリック。

  3. 状況によって選択が異なります。
    • 新規インストール
      追加 をクリック。

    • プラットフォーム変更
      登録されている古いフローティングライセンスサーバーを選択して変更をクリック。
      プラットフォーム変更の場合、既に存在しない古いフローティングライセンスサーバーの情報が登録されたままだと動作不良の原因になります。不要なサーバー情報は速やかに設定を削除するか変更してください。

  4. フローティングライセンスサーバーの情報を入力します。
    IP アドレス ...... フローティングライセンスサーバーをインストールしたPCのIPアドレス、あるいはデバイス名を入力。もしもフローティングライセンスサーバーとクライアントPCが同一の場合はlocalhostと入力しても可。
    IP ポート ...... 7000を入力。ただし<ステップ1>あるいは<ステップ2>でIPポート番号をデフォルト値から変更している場合は、その変更した値を入力。
  5. テストをクリック。

  6. 接続テストに成功したらOKをクリック。
    接続テストに失敗する場合は、IPアドレスやIPポートの入力値や、そのIPポートが開放されているか等をご確認ください。それでも解消されない場合はこちらに関して貴社のシステム管理者にご相談いただき、コンピュータやネットワークのセキュリティの設定等を再確認してください。


  7. 次へをクリック。

  8. 完了をクリックすると、そのクライアントPC でMagics が起動します。

  9. もしも同じPC内に旧バージョンのMagics がインストールされている場合は、初回起動時のみ、このタイミングでインストールされている一つ前のバージョンのMagicsの設定を、新しいバージョンのMagicsに引き継ぐことができます。詳細はこちらをご参照ください。


Was this article helpful?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。